一致団結攻略→草種活用術
実用性:高
弟切草
序盤は盾の印に、中盤以降は仲間の最大HPを上げるために使います。
遠投の腕輪がない場合は通常常に最後尾となるミナモに優先的に使ってゆきます。
ここではアスカの最大HPを上昇させるためには使いません。
混乱から回復する効果は仲間に対しても有効なので、一応覚えるだけ覚えておくといいでしょう。

毒消し草
仲間の攻撃力の回復に使います。
攻撃力の回復は急務なので、序盤は1個、中盤以降は2個、常に壺の中に忍ばせておくようにしましょう。
ヘイジとキハチは水がめでも回復できるので、水がめがある場合はそちらを使うこと。

天使の種
しあわせ草はそれほど役に立たないのですが、こちらは使えます。
序盤で入手できた場合はしあわせの杖同様、中盤以降で使うように温存しておきましょう。
実用性:中
薬草・命の草・ちからの種
全て仲間に使用します。前者2種は最後尾のミナモに優先的に与えましょう。
ちからの種で上昇する攻撃力はしれているので、ジンパチかミナモのどちらかに適当に。

めぐすり草
序盤から集めることはありませんが、即降りが基本の終盤では必ず拾っていくように。
服用時は「識」の印の効果が若干変化する点に注意したい。

復活の草
このダンジョンでは基本的な立ち回りさえ心がけていればアスカ自身が倒されることでゲームオーバーになる可能性は低いのですが、
唯一デビルカンガルーとメガタウロスが重複するフロアではあるとかなり心強いので、見つけたら拾っておきましょう。
実用性:低
しあわせ草
しあわせの杖と違って1回しか使えないのであまり効果的ではない。
アイテム欄1つを削るには値しないのですぐに使ってしまいましょう。
序盤ではモンスターをレベルアップさせたほうがよい場合もあります。

無敵草
大抵の場合、一人だけが無敵になっても仕方がない。
アイテム欄に空きがあれば持っておきますが、優先して所持するアイテムではないです。

すばやさの種・毒草
1回しか使えず、杖で同じ効果を持つものがあるのであまり役に立たない。
アイテム欄に空きがある場合のみ拾っておく程度。
その他の草種について
よくきき草
飲むコマンドでないと効果を発揮しないため、仲間に対して効果を発動することはありません。
パワーアップアイテムはアスカではなく仲間に対して使うので、このダンジョンでは不要と言えるでしょう。

キグニ族の種
これを飲んでしまうとまず確実にゲームオーバーになります。
他にも飲むと危険な草種はたくさんあるので、草種の識別は飲むことでは行わず、
必ず店かヘイジを使って行うこと。草種には識別アイテムを使うほどの価値はありません。

その他
ここまでに紹介していない草種は危険なものや大した使い道のないものばかり。
ぶっちゃけこのダンジョンではヘイジが受け取ってくれない草は全て無視すればいいです。