一致団結攻略→武器活用術
実用性:高
能力未所持武器全般
盾の防御力が十分でない場合、食料に難がある場合は「飯」「扇」で埋めきり、それぞれの用途で使用します。
但し両方の問題が解決さえしていれば武器はほぼ不要なので状況に応じて判断を。
ベースとする武器はスロット数を最優先し、同じであれば攻撃力の高いものを使用します。

鉄扇
盾にお祭りの盾の能力が備わっていない場合はどんどん合成していくこと。
アスカが盾となるこのダンジョンでは防御力を重要視して合成を考えましょう。

金の剣
金の盾との共鳴効果「腕輪が壊れなくなる」能力はここでも有効。
特に必着・とうぞくとの併用は強力なので、共鳴が可能そうであればその方向で進めてゆきたい。

つるはし
怪盗ペリカン・にぎりへんげなど、通常だと仲間が邪魔で利用しにくいモンスターも、
つるはしで作った行き止まりに仲間を押し込めて待ち受ける体勢を作っておけば簡単に利用できます。
盾の防御力が充分であれば同様の手順でアスカが壁になることで突風まで安全に待つことも可能。
特にタイガーウホーンの出現する階層ではあかりの巻物・そこぬけの壺に次ぐ安全策と言えます。
部屋の入り口にあるワナの回避にも使えるので、水がめがない場合は念頭においておくように。
実用性:中
にぎりへんげの剣
どんぶりの盾及び「丼」の印がない場合はこれで満腹度を回復してゆきます。
1つで「飯」約5つ分の効果があるので、残りを「扇」で埋めきることが出来るのが最大の強み。

車輪のやいば
ここでのワナとの連携は仲間が邪魔になり少々無理が発生するため、あまり賢い使い方とは言えない。
使うなら飛び道具としてのダメージ源。直接投げるとアスカの攻撃力でダメージが計算されてしまうので攻撃力の高いヘイジを経由して使用。
影ぼうし系・ゲイズ系・オヤジ戦車系を一撃で倒せるだけの攻撃力があれば非常に頼りになります。
ただ性質上基本的に1回の相手に1回しか使えないため、仲間の集中攻撃でモンスターを倒してゆくこのダンジョンでは、
一撃で倒せない以上は遠距離攻撃の価値が薄れるので、モンスターのHPが高くなってくる深層ではあまり役に立ちません。
使うかどうかはヘイジの攻撃力・アイテム欄と相談し、使うにしてもイッテツ戦車戦以降は破棄していいでしょう。

必中の剣
結果を確定できるという要素は影ぼうし系やゲイズ系、タイガーウホーンなどに対して非常に強く、やはり捨てがたい。
早い段階でこの武器が出た場合に限っては後々食料・防御力の問題を解消した後も武器を使っていく選択肢はアリです。
実用性:低
かつおぶし
基本攻撃力の高い武器に合成すれば使用回数が増加するので使い捨ての剣などに合成しましょう。
おにぎりと違って装備+使用しない限り腐ったり焼けたりせず、呪われても問題なくかじれるのも強み。
但しこのダンジョンでの食糧事情は「飯」「に」「丼」など他の印で完全に解決しておきたいところ。
店に並べられていたら本体は買わずに修正値分だけ買うと良いでしょう。

使い捨ての剣
かつおぶし・車輪のやいばとの合成による連携使用がここでの主な使い方。
状況的にこれらを使用する必要がないようであれば無視します。

マリンスラッシャー
数少ない水中を攻撃できる手段の一つで、水中のオトト兵系対策になりえます。
が、オトト兵系対策はここでしか使い道のない武器を用意して貴重なアイテム欄を一つ割くよりも、
他のモンスターにも使えて汎用性の高いデブータの石で対応するべき。
どうしてもデブータの石が見つからない場合にのみ使います。

属性武器全般
基本的にアスカの攻撃力+倍率よりも仲間の攻撃力の方が高いので特殊効果は意味を成さない。
スロットは多いので、お祭の盾や能力を持たない武器が全く出てくれないときのみ頼ることになります。
その他の武器について
物理攻撃能力所有武器全般
アイアンヘッドの頭・ミノタウロスの斧・妖刀かまいたちといった類の武器を指します。
連続攻撃が可能であろうがスロットが多かろうがアスカが盾になれないのでは意味がありませんし、
盾と同時に使用できる種類の武器でも仲間の火力の関係でアイテム欄を優先しほうがよい場合が多い。

回復の剣
このダンジョンではダンジョンの特性に見合った行動さえ心がけていれば隣接戦闘でアスカが瀕死になるようなケースは滅多にありません。
どうしてもアスカへのダメージ量に不安がある場合はキハチの回復能力を見越した行動をとるようにするとよいでしょう。

その他
ここまでに紹介していない武器はその実用性の低さを解説するほどでもないものか、
有用であっても作成に非常に運と手間のかかるものばかり。
売るなり飛び道具代わりにするなりして処分しましょう。