幽幻魔天の挑戦攻略→壺活用術
実用性:高
保存の壺
これが一つ手に入るだけで難易度が大きく緩和されます。
壺増大の巻物はこの壺に優先して使ってゆきましょう。

祝福の壺
基本的には壺増大の巻物・白紙の巻物・転写の巻物を最優先で祝福し、アイテムの所持数限界を増やしてゆきます。
保存の壺がない場合や中盤戦以降ではアイテムとモンスターを探知できるあかりの巻物・モンスターハウスの巻物に使用するのもよい。
前者は階段とエーテルデビル系への対応に、後者は同時にフロアのモンスターの処理とアイテムを特定数入手できるメリットがあります。
よくみえの腕輪があり、モンスターハウスの処理に自信があるなら後者を、そうでなければ前者をお勧めします。
アイテムを祝福状態にすることでアイテム欄を削らなくても、アイテムの所持数限界を増やして個数を持てるようにしたほうが全然よいので、
壺増大の巻物と利便性の高いあかりの巻物・モンスターハウスの巻物以外のアイテムに使用するメリットは少ない。

変化の壺
店売り限定品。お目にかかれる確立は裏白蛇島の強化の壺クラスと思っていいです。
すいだしの巻物との併用でアイテム入手の機会が増えるので、すいだしの巻物はこの壺に優先して使ってゆきましょう。
聖域の巻物が発生した場合は水溜りのうえに落ちるよう、位置を調整して取り出すように。

強化の壺
普段はアイテム入手の機会を増やすことの出来る転ばぬ先の杖を優先して入れてゆきたい。
序盤ではしあわせの杖を、手持ちのアイテムに不安がある場合は身代わりの杖を最優先に不幸の杖と封印の杖に使ってもよいです。
これら5種以外のアイテムに使っても大して状況がよくなるわけではないので、上記の杖以外のアイテムに使用するのはお勧めしません。
変化の壺が手持ちにない場合、すいだしの巻物はこの壺に使ってゆくことになります。
実用性:中
弱化の壺
予備の食料・腕輪・巻物の保管に使います。
特性上転ばぬ先の杖以外の杖は入れられないので、無理に詰め込まないように。

合成の壺
武器・盾の存在しない幽幻魔天の挑戦では壺の総数に恵まれていないうちは本来の使い方ではなく、
弱化の壺同様すぐに使う必要のないアイテムを一時的に保管するために使用します。
壺の総数に余裕が出てきたら杖の合成に使いましょう。

回復の壺
ゲイズ系の特技によりアイテムを失ってしまう可能性があるため、序盤・終盤戦で所持する場合はリスクを伴う。
使ってゆくならあかりの巻物・モンスターハウスの巻物によるモンスターの位置の探知を徹底すること。
自信があるなら序盤・終盤のHPの回復手段は困ったときの巻物に一任したい。
ゲイズ系の出現しない中盤戦でなら問題なく使ってゆけます。