裏白蛇島攻略→腕輪活用術
実用性:高
とうぞくの腕輪
不運な事故の確率が大きく減少します。
普段は呪われないように保存の壺にしまっておき、階段を下りるときやモンスターハウスなどの
多数のモンスターが眠っている部屋が事前に判明したときのみ装備しましょう。
貴重品なので保存の壺や杖・巻物など有効なアイテムが無いときにノロージョ系に隣接されたときは地面に置き、
先制ダメージや他のアイテムを犠牲にしてでも呪われる可能性を回避するように。

パコレプキンの腕輪・通過の腕輪
水路のあるフロアで出来る行動に幅が広がり、安全度が大きく増します。
これらの腕輪は水路を通れるようになる、のではなく、水路に非難できるようになると考えて使いましょう。
何らかの理由でワープを行いたいときにも使用できます。
パコレプキンの腕輪は水路のないフロアでも使えるうえ如意棒の上位的な使い方も出来るので、非常に利用価値が高い。

たかとびの腕輪
これ一つでほとんどの危機から脱出できます。
性質上壊れやすいので、メッキの巻物を保持しておくなどして大事に扱いましょう。

必着の腕輪
基本的にはケンゴウ系のいるフロアで囲まれたときや通路を移動するときだけ装着します。
自信があるなら普段は装備を弾かれても良い場所で突風が吹くまで待機するか、十分な防御力のある盾とレベルがあるなら
素手で通路を歩き、ケンゴウ系以外のモンスターと相対した場合のみ装備しなおすスタンスで進みましょう。
全体水路フロア+シハン+デビルカンガルーが重なったときは流石に常に装備しておきたい。
実用性:中
まもりの腕輪・身代わりの腕輪
終盤のデビルカンガルーが出現する階層で通路を歩く際にあると重宝します。
金の剣・金の盾が揃ったときの防御補佐アイテムとしても使用します。
身代わりの腕輪は効果発動時に全ステータス回復という効果も併せ持つので満腹度・ちからの回復に使う手も

遠投の腕輪
大部屋モンスターハウスで絶大な効果を発揮します。
普段はあまり使いませんが、出来る限りは保管しておきたい。

サビよけの腕輪
ほぼ対ドドロ専用ですが、裏白蛇島のドドロはノロージョの母と同階層で出現することが多いため、呪われやすく壊れやすい。
消費アイテムによる対処の難しいデビルカンガルーと重複する階層のためにとっておきたい。

呪いよけの腕輪
どのみちノロージョ系と対戦するときくらいしか使い道がないので耐久力のことは考えず、積極的に使っていきます。
通路を歩く際は常に装備しておくくらいでいいでしょう。

眠らずの腕輪
十分な防御力と混乱の巻物や身代わり杖などのモンスターハウス対策があればそれほど必要でもありませんが、
シハン+ねむり大根の重複するフロアでは持っておくと安心できます。
前半〜中盤は無視していいですが、前述のフロア中〜直前辺りで見かけたら拾っておくといいでしょう。

しあわせの腕輪
なるべく長く使えるように通路を歩くときなどは必ず外しておきましょう。
中盤戦以降はレベルアップに必要な経験値が跳ね上がるためほとんど役に立たなくなりますが、
アイテム欄が本当に必要なアイテムで埋まるまでは大事に使っていくべき。
実用性:低
ねがいの腕輪
出来るだけ壷が揃ってくるまで引き付けて壊したいところですが、アイテム欄が埋まってしまうのが辛い。
アイテム欄を圧迫し始めたらすぐに壊していきましょう。メッキの効果が不要な場合は装備を外してから壊すように。

いやしの腕輪
回復量は気休め程度ですがアイテム欄に余裕があるなら持っておきましょう。
従来のシリーズの似た効果を持つ腕輪と違って満腹度の減少度は変わりません。

会心の腕輪
アイアンヘッドの頭・パコレプキンの腕輪辺りとの連携で。
ないよりはあった方がマシといった程度なので、アイテム欄が圧迫しているなら捨てましょう。

まがりの腕輪
バットカンガルー系・ケンゴウ系・にぎりへんげ系などのいる階層で通路を歩く際の危険が数段減ります。
バットカンガルー系・にぎりもとじめの重複する階層では持っておいてもいいかもしれません。
怪盗ペリカン系の処理にも若干役立ちます。

百発百中の腕輪
車輪のやいばや遠投の腕輪と組み合わせて使いたい。
別段あっても無くても大差ないのでアイテム欄が圧迫してきたらすぐに処分していいです。

うけながしの腕輪
使える状況が少ないうえ、うけながした先の対象が倒れた場合に攻撃を行ったモンスターのレベルが上昇するのが難点。
この欠点を逆に利用すれば経験値稼ぎに使えるので、危機回避用のアイテムではなく経験値稼ぎ用のアイテムと割り切りましょう。
ドレインよけの腕輪
プレイスタイルがしっかりしていればうたうポリゴン専用のアイテムになります。
まずそうなおにぎりを安心して食せるようになる効果もあるので一応覚えておくといいでしょう。

混乱よけの腕輪
防止対象となるのは混乱のワナとめまわし大根の特技のみ。
めまわし大根の出現する17〜19Fと、直前のフロアで出てくれば拾っておきますが、それ以外の場面では使いません。
無理して持っておくほどのアイテムではないのでアイテム欄に余裕がなければ無視の方向で。
その他の腕輪について
ハラヘリの腕輪・痛恨の腕輪
装備して使うメリットは全くありません。
シハン対策にならないこともありませんが確立的な問題なので、シハン対策は確実な手段で対処すること。
売値は高いのでスコアアタック時やギタン不足なら携帯してもいいでしょう。

値切りの腕輪
実際のところギタンは余るか値切っても足りない場合がほとんどなのであまり役に立ちません。
これ自体が高値で売れるので、売却目的で持っておくのはいいでしょう。

ちからの腕輪
序盤の嫌な特技を持つモンスターを一撃で倒しやすくなる程度の認識で。
呪われても壊れても全く困らないのでアイテム欄に空きがあれば、使い捨てていきましょう。